イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 37.アルベロベッロのトゥルッリ

37.アルベロベッロのトゥルッリ

Trulli di Alberobello

トゥルッリとは白い漆喰塗りの壁に円錐形のとんがり屋根が特徴的な、この地方のみでみられる一風変わった建物。
モルタルなど接合剤を使わない先史時代から伝わる建築方法で造られた建物が現在も生活に使用されている。

アルベロベッロは、15世紀の終わりにアクアヴィーバ伯爵によって形づくられた町で、言い伝えによると伯爵がナポリ王に納める不動産税を免れるために、王の徴税人がやってきた時にすぐに解体できるようにと、モルタルなしのトゥルッリを住民に強要したという。
アルベロベッロの旧市街にはトゥルッリの家々が密集し、迷路のように続く坂道は、おとぎの国のような雰囲気に満ちている。

所在地

アルベロベッロ (プーリア州) バーリの南東55km  ターラントの北45km