イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 36.パエストゥムとヴェリア遺跡を含むチレント、ディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトジオ修道院

36.パエストゥムとヴェリア遺跡、ディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトジオ修道院

Parco Nazionale del Cilento e Vallo di Diano con i siti archeologici di Paestum e Velia e la Certosa di Padula

チレント・ディアノ渓谷国立公園とその周囲一帯は、先史時代から中世にかけて通商・政治・文化面で歴史的な変遷を経てきた地域である。
古代ギリシャ殖民地とイタリア原住民族の境界地でもあり、紀元前5世紀頃栄えたパエストゥムやべリアには古代ギリシャの神殿や遺跡が残っている。

緑の渓谷に広がるパドゥーラには14世紀に創立された南イタリア最大の規模を誇るサン・ロレンツォ・カルトゥジオ修道院がある。
現在、修道院はルカーニア考古学博物館としてサーラ・コンシリーナとパドゥーラのネクロポリスの遺跡から発掘された収集品を保管している。
この博物館では、先史時代からヘレニズムの時代までの期間を展示している。

所在地

パエストゥム (カンパニア州) ナポリの南100km  国立公園はパエストゥムを囲むように位置している。
パドゥーラ (カンパニア州) サレルノの南東105km