イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 30.チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古墳(ネクロポリ)

30.チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア古墳(ネクロポリ)

Necropooli etrusca di Cerveteri e Tarquinia

エトルリア人が残した2ヶ所のネクロポリス(墓地)。
紀元前9世紀~紀元前1世紀の間、中央イタリアに存在し交易で栄え高度な文明を持っていたエトルリア人。
葬祭芸術にも優れ「ネクロポリ(死者の街)」とよばれる大規模でモニュメンタルな墳墓の遺跡を残している。
チェルヴェテリの古墳群は道に沿って家のような墳墓が並びあたかも町のようである。
タルクィニアに点在する6000の古墳のうち200は内部が鮮やかな壁画で飾られている。
古い壁画は紀元前27世紀にまで遡るものである。

所在地

チェルヴェテリ、タルクィニア(ラツィオ州)  チェルヴェテリはローマの北西44km  タルクィニアはローマの北西96km