イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 3.ヴァル・カモニカの岩絵群

3.ヴァル・カモニカの岩絵群

Arte rupestre della Val camonica

ヴァルカモニカ(カモニカ渓谷)は、アルプスの山麓のオーリオ川沿いに約70kmに続いている渓谷。
この渓谷の岩には、推定で約1万年前から、ローマ帝国時代まで約8000年間に渡る線刻画が残っている。彫られている線刻画の数は約14万点におよぶ。
テーマは、農耕、航海、戦争、魔術などから紀元前1500年頃の集落の地図、ローマ帝国時代のアルファベットまで多岐に渡り、当時の生活を知る貴重な資料になっている。
これらの岩絵はナクアネ岩壁彫刻国立公園(カポ・ディ・ポンテ) 内や、ナドロ、ルイーネ等のカモニカ渓谷の何箇所かで見ることができる。

所在地

カモニカ渓谷一帯(ロンバルディア州) ブレシャの北約80km(カポ・ディ・ポンテ)