イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 18.サンマリノ歴史地区とティターノ山

18.サンマリノ歴史地区とティターノ山

Centro Storico di San Marino e il Monte Titano (サンマリノ共和国 Repubblica di San Marino)

バチカン市国と並び、イタリア内に位置する独立国家サンマリノ共和国。
13世紀に共和国を設立し、自由共和国としての政治体制を中世から今なお継続している。

首都サンマリノの歴史地区を含む55ヘクタールの範囲が世界遺産。
今も市民が居住する歴史地区は国の機能が集中する政治中枢でもあり、ティターノ山上に位置し、産業発展による今日の都市化の影響を受けず中世の街並みが保存されている。

所在地

サンマリノ (サンマリノ共和国)  ボローニャの南東135km、リミニの南西22km