イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 17.モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカとグランデ広場

17.モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカとグランデ広場

Modena: Cattedrale, Torre Civica e Piazza Grande

建築家ランフランコと彫刻家ヴィリジェルモの手によって完成された、12世紀初期ロマネスク時代を代表する傑作。
大聖堂付属のすらりとした美しい鐘楼トッレ・チヴィカは市民から親しみをこめて当時よりギルランディーナ(小さな花)と呼ばれている。
大聖堂と塔のあるグランデ広場は、建築的芸術性が高いばかりでなく、中世のキリスト教都市における信者と一般市民の共同体的営みの中心地としての役割を担っていた。
近年では、モデナ出身で「三大テノール」の一人として知られたオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティの葬儀が行われた場所としても有名。

所在地

モデナ (エミリア・ロマーニャ州)  ボローニャの北西40km