イタリア@なび

イタリア@なび トップ > イタリア観光の目玉、世界遺産を知る > 13.“レ・ストラーデ・ヌオーヴェ”と“パラッツィ・デイ・ロッリ”

13.“レ・ストラーデ・ヌオーヴェ”と“パラッツィ・デイ・ロッリ”

Genova Le Strade Nuove ei Palazzi dei Rolli

ストラーデ・ヌオーヴェは「新しい街路群」の意味で、ジェノヴァで16世紀に整備されたストラーダ・ヌオーヴァ(現在のガリバルディ通り)と、それ以降の時代に出来た二つの街路。
パラッツィ・デイ・ロッリはこの通り沿いに建ち「ロッリ」と呼ばれるリストに登録された当時の貴族の館・邸宅群である。

16世紀に総督ドリアのもと、スペインと同盟を結び、欧州カトリック世界のメイン銀行となって金融業で繁栄したジェノヴァ共和国。
世界中から訪れる来賓用迎賓館の必要性から、16世紀後半~17世紀初頭にかけて、富裕貴族層が住む豪華な館・大邸宅を厳選し、“ロッリ”とよばれるリストに登録、来賓の宿泊先とした。

所在地

ジェノヴァ(リグーリア州 ミラノの南150km)